おしゃれ女子もこれからおしゃれを始める女子も…やってみよう海外通販

おしゃれな女子はもう使っている!海外通販のススメ

>

楽しく、便利にやってみよう、海外通販

関税って何?

「海外通販」で目にする気になるワード、「関税」です。
関税とは、日本に商品を輸入する際にかかる税金です。例えば日本で作った1個100円のトマトと海外で売られている1個50円のトマト、を比べてみましょう。
この海外のトマトが日本に50円のまま輸入されてきて、日本のスーパーなどに出回ると、安さを求めて買いに来る消費者には国産トマトより売れてしまうかもしれませんよね。
海外のトマト農家も、売れるわけですからどんどん日本にトマトを輸出します。そんなことがトマトだけでなくほかの野菜でも起こってしまうと、日本の野菜農家さんはピンチになってしまうわけです。それを避けるために「国内産業の保護」と称して輸入品に税金をかけることになったのです。
「海外通販」で物を購入することは国を超えて輸入することになるので、関税もかかってくるのですね。

「海外通販」で知っておくといい「関税」

関税の意味がわかると…つまり、とても魅力的で、欲しいと思えるものが国内だけで済むなら、関税のことは考えなくても済むとも言えますが、そうはいかない。
具体的にいくらくらいかかるのかというと。まず大きなラインは約1万6666円。正確に言うと課税対象額(大体の場合商品の価格)の60パーセントが1万円を超えた場合、その商品を輸入するには「消費税」と「関税」がかかります。
1万6666円を下回る買い物なら税金のことは考えなくていいのです!(素敵!)ただ上回る場合、「消費税」、プラス「関税」はその商品によって税率が変わります。詳しい税率は税関ホームページでチェック。しかもこの「関税」、荷物を引き取るときに配達員さんに支払う場合と、後日請求書が送られてきて支払う場合があります。


TOPへ戻る